後遺障害・むち打ち被害・損害賠償(慰謝料)

苦痛は残っているのに「治療は終わりました」。
後遺障害を正しく認定してもらうコツを姫路にある当事務所でお教えします。

後遺障害とは

事故による負傷の治療が終わったにも関わらず、痛みが慢性化してしまったり、生活に支障をきたす影響が残ってしまうものを後遺障害と呼びます。
認定されるには、医師が発行する「後遺障害診断書」が必要で、その内容に応じて等級が判断されます。
また、等級はどの程度の能力喪失があったかに応じて1~14級の段階で決定されます(等級の詳細についてはこちらへ)。
後遺障害を認定されると、その度合いに応じて以下の費用を請求できます。

  • 症状悪化を防ぐために必要な治療の費用
  • 介護が必要となった場合の付き添い看護の費用
  • 日常生活に必要な装具(車椅子、義足など)の費用
  • 自宅や自家用車のバリアフリー化などにかかった実費
  • 労働能力の低下による逸失利益
  • 将来にわたって負うことになる苦痛への慰謝料

姫路にある当事務所では過去の事例や経験に基づき、診断書の書き方や通院回数などについて具体的にアドバイスを行っています。

むち打ち被害

外見からはわかりにくいのがむち打ち被害。
泣き寝入りしない戦い方があります。

交通事故による被害で最も多く、後遺障害として残りやすいのがむち打ち症です。
事故直後は何ともなかったのに、時間が経過してから頭痛、目まい、吐き気といった形で発症することも多く、外部からの判断も難しいことから放置してしまいやすいものでもあります。
むち打ち症は大きく分けて以下の3つがあります。

ねん挫型

最も多いタイプのむち打ち症。適切に治療すれば完治する可能性が高いとされます。

 

神経根症型

頚椎捻挫、外傷性頚部症候群、頚椎椎間板ヘルニアなどに分類されます。しびれ、だるいなどの神経症状が出ます。

 

バレ・リュー型

倦怠感や疲労感、動悸、耳鳴りなどの自律神経失調症の症状が出ます。診断が難しく、後遺障害の認定もされにくいのが現状です。

むち打ち被害は、常に症状があるとは限らず、「寒いときだけ」「動かしたときだけ」痛むといった不定期なケースも多々あり、なかなか証明の難しいものがあります。そういった場合は通院歴などがカギとなります。

損害賠償(慰謝料)

あなたの負ったつらい痛みや精神的苦痛を請求することは、
法に基づく正当な権利です。

事故に遭ったときの苦痛をお金で弁済するのが、損害賠償の考え方です。そのため交通事故の被害者には、加害者に対して慰謝料を含む損害賠償を請求する権利があります。
損害は大きく「人身損害」(怪我の治療費や精神的苦痛への補償金)と「物的損害」(車の修理代など)に分かれます。
つまり加害者は、修理や治療の実費だけ負担すれば許されるわけではなく、精神的な苦痛に対しても補償を行う必要があることが、民法できちんと定められています。

損害賠償を請求できる費用の例

治療費

診察・検査・治療・入院・診断書発行などの費用全額。ただし入院にあたって購入した日用品などについては全額ではなく、上限つきで「入院雑費」として請求できます。

交通費

通院のために使った電車・バスなどの料金、自家用車のガソリン代や高速料金、駐車料金など。タクシーについては状況に応じて判断されます。

付き添い看護費

「入院付添看護費」もしくは「通院付添看護費」。ただし被害者の症状によっては認められない場合もあります。

休業損害

治癒する(または症状固定)まで働けずに減少した収入の損害を、平均給与額や確定申告書をもとに算出します。

休業損害は専業主婦の方にも適用されますが、逆に、過去にご依頼者の方から「これが認められないのか」と驚かれてしまった費用もあります(弁護士との通信費用など)。詳しくは姫路にある当事務所までご相談ください。

交通事故の事なら何でもご相談ください。お問い合わせはこちら
交通事故の事なら何でもご相談ください。お問い合わせはこちら
交通事故のお悩みは上垣孝俊にお任せください。お問い合わせはこちら交通事故のお悩みは上垣孝俊にお任せください。お問い合わせはこちら 示談交渉について
弁護士特約について弁護士特約について 自転車事故
相談の流れ 最新のお知らせ
弁護士ドットコム