過失割合・調停、裁判・保険未加入

示談交渉がまとまらない。
その原因はほぼすべて「過失割合」です。

過失割合とは

過失割合とは、事故の原因は双方どのくらいの割合かを示したもので、この比率をもとに損害賠償の金額が変わります。
加害者の過失が100%(0:100)ということになれば、加害者は被害者の損害全額を補償しなければなりません。もしこれが被害者にも3割の過失がある(30:70)となれば、加害者は被害者の損害の70%だけ補償すればよいことになります。そのため過失割合の決定は、双方の主張がぶつかりあう最大の争点となりがちです。
多くの被害者は「こちらの過失はない。0:100であちらが悪い」と思うものですが、実際には「お互いに車を動かしている以上何らかの過失がある」などということで、いくらかの責任はあると判断されることがほとんどです。

実際の決定にあたっては、過去の細かい事例・判例をもとに交渉が行われます。経験豊富な姫路にある当事務所にご相談いただければ、実際の事故状況の調査を含め、ご依頼者の権利が正しく主張できるようサポートいたします。

調停・裁判

調停・裁判こそ、まさに弁護士の出番。
そのこと自体が、示談を進める大きな武器でもあります。

双方の話し合いで賠償内容を決める示談交渉がこじれた場合は、調停または裁判へと持ち込むことになります。
調停は、簡易裁判所の裁判官が仲介役となり、双方の話し合いによって落としどころを探る方法です。裁判に比べればコストも安く簡単な手続きで進められるメリットがあり、それでいて調停で決められた決定事項は判決と同じ拘束力を持ちます。

しかし実際には、示談が成立しそうにない場合は調停を飛ばして裁判に持ち込むケースが多いのではないかと思います。こちらの正しい主張を認めない相手であったとしても、次は裁判となると和解成立を意識するようになることが多いためです。

裁判は、示談や調停と異なり、双方の主張を聞いて裁判官が判決を下します。判決は絶対であり、勝訴側は判決を根拠とした強制執行が可能となります。

保険未加入

「加害者が保険未加入で補償を受けられそうにない」。
それでもできることを一緒に探っていきましょう。

多くの場合、示談交渉の相手は加害者側の保険会社となり、治療費や修理代などの損害は任意保険から支払ってもらう形になります。しかしそうならず、相手が保険に未加入というケースもあります。
また、ひき逃げで加害者がわからない、加害者が使っていたのが盗難車で所有者に責任を負わせることが難しいという場合もあります。

こういったときは、まず自動車損害賠償補償事業による補償を請求します。また、ご依頼者ご本人が加入されている任意保険に、「人身傷害補償保険」や「無保険車傷害保険」といった類いのものがないかを調べます。

交通事故の事なら何でもご相談ください。お問い合わせはこちら
交通事故の事なら何でもご相談ください。お問い合わせはこちら
交通事故のお悩みは上垣孝俊にお任せください。お問い合わせはこちら交通事故のお悩みは上垣孝俊にお任せください。お問い合わせはこちら 示談交渉について
弁護士特約について弁護士特約について 自転車事故
相談の流れ 最新のお知らせ
弁護士ドットコム