示談交渉

「上垣法律事務所に依頼したから、しっかり主張が認められた」。
そこには理由があります。

  • 通院・休業補償(後遺障害なし)の賠償金を70万円から120万円に増額
  • 後遺障害(14級)を負われた方の賠償金を160万円から250万円に増額
    (いずれも自賠責保険による補償は別)

上記は姫路にある当事務所の交渉による結果の一例です。
たとえば、「保険会社から、過失割合を30:70と言われた」という場合も、当事務所が事故状況を精査して保険会社とで交渉した結果、割合を20:80に変更したり、相手の100%過失を認めさせてご依頼者さま負担を軽減、あるいは車の正しい時価額を証明し、賠償額を上乗せしてまとまったといったケースは数多くあります。また、賠償金額が大きくなると、訴訟の必要も出てきます。

一般的な方法

1.当事者(または親族)同士が交渉する

第三者に依頼しないならば、基本的に交渉は当事者で行わねばなりません。
しかし、相手が保険会社の担当者だった場合、本来請求可能な慰謝料や示談金の下限を基準に交渉してきます。
治療に時間を奪われて精神的にもまいっているなかでも、相当な知識と根拠を準備して臨む必要があります。

2.弁護士に交渉を依頼する

入院・通院期間が長期化した、または後遺障害が残ったといった場合、請求できる金額はそれに比例して大きくなります。
それを相手に納得させられるだけの知識をもって交渉するには、経験豊富な弁護士のサポートを得るのがベストでしょう。見落とした項目がないかなども、しっかりチェックいたします。
また、弁護士の介入により、相手側に「訴訟」という圧力が自然に生じ、示談に応じる可能性が高まります。
保険会社に自ら連絡を取って主張を通すという精神的ストレスからも解放されますし、相手側からの煩雑な接触がある場合もすべて「弁 護士を通じて」シャットアウトで きます。

3.交通事故紛争処理センターによる和解案の提示

交通事故紛争処理センターを利用すれば、無料で双方の主張をいれた和解案を提示してくれます。しかしセンターは中立ですから、あなたの主張を汲んでくれるわけではありません。
結局「最初から弁護士に依頼しておいたほうがよかった」となる可能性もあります。

示談交渉の流れ

示談交渉は必ずこれ、という流れがあるわけではありません。
一般的には、相手側から示談書が提示されて交渉がスタートします。こちらはその間、治療を終える、必要に応じて後遺障害の認定を受けるなどしています。
示談書の内容や金額に不明な点があれば、詳細を聞いて交渉しなければなりません。相手を納得させるには裏付けが必要となるでしょう。お互いに納得が行けば、示談書にサインして成立となります。

示談交渉の注意点

過失割合

示談交渉で最も争いを生みやすいのは、金額などの根拠となる過失割合です。保険会社は加害者側ですから、必ずしも、こちらの話を聞いたうえで過失割合を出してくるとは限りません。

時効

交通事故の損害賠償は、事故から3年で時効となります。ただし、裁判になれば時効は中断します。また、後遺障害が認定された場合も、「症状固定時」からの時効開始となります。
いずれにしても自己流に判断せず、早めに弁護士に相談されることをおすすめします。

示談交渉で大事なポイント

常識的な落としどころがあることです。また、当事者同士で直接話し合った場合、法律的に効力を持たない内容になっていることもあります。
姫路にある当事務所にご依頼いただければ、ご依頼者の立場にたって誠心誠意の交渉を行います。そして豊富な経験・知識をもとに確実な示談の成功を目指します。

3つの算定基準

自賠責保険基準

自賠責保険法に基づいて支払われる保険金の基準。強制保険のため保障は最低限しかなく、慰謝料額は最も低いものとなります。

 

任意保険基準

損保が、それぞれの社内で独自に設定している支払い基準。保険会社によってかなりの差がありますが、3つの中では中間の金額とされます。

 

弁護士基準(裁判所基準)

過去の判例をもとに算出したもので、実際に裁判になった場合も賠償額に近いことから最も高額な基準となります。

事前に準備するもの

交通事故証明書 いつどこでどんな事故があったかを証明してくれる書面です。
請求先は自動車安全運転センターです。
診断書 傷害の内容の詳細を記載されている書面です。
診療報酬明細書 診療報酬明細書は治療内容の明細書です。入院費、治療費、通院日数、入院日数などが書かれてある明細書です。
領収書 治療や入院、通院にかかった領収書はすべて保管しておきましょう。
収入証明書類 会社員の方は、給与証明書か源泉徴収票を収入証明書とし、自営業者は納税証明書や確定申告書のコピーが収入証明となります。
その他

姫路にある当事務所にお尋ねください。

交通事故の事なら何でもご相談ください。お問い合わせはこちら
交通事故の事なら何でもご相談ください。お問い合わせはこちら
交通事故のお悩みは上垣孝俊にお任せください。お問い合わせはこちら交通事故のお悩みは上垣孝俊にお任せください。お問い合わせはこちら 示談交渉について
弁護士特約について弁護士特約について 自転車事故
相談の流れ 最新のお知らせ
弁護士ドットコム